研Q129.みんなが幸福になれる「バケツとひしゃくの理論」とは? - ネットビジネス研Q室(新館)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

研Q129.みんなが幸福になれる「バケツとひしゃくの理論」とは?

ブログやコメントを書くための重要なヒントでもあります。

Cool Dude - Dreaming of warmer weather, on a cold and frosty March morning in Liverpool. - Free Photos fotoq
photo by Radarsmum67

心理学にバケツとひしゃくの理論というものがあります。

バケツとひしゃくの理論
 人は誰でも心にバケツをもっている。他人に何かを言われたり、されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。バケツが空になったとき、気分は最悪だ。
 バケツのほかに、ひしゃくももっている。ひしゃくを使って誰かのバケツに水を注げば――相手が明るくなるようなことを言ったりしたりすれば、自分のバケツにも水がたまる。逆に、ひしゃくで相手のバケツの水をくみ出せば――相手を傷つけるようなことを言ったりしたりすれば、自分のバケツの水も減る。
 なみなみと注がれたカップと同じように、心のバケツに水がいっぱい入っているとき、人は前向きで意欲にあふれている。バケツに水が一滴、注がれるたびに、人は強くなり楽観的になる。逆にバケツが空のときは、後ろ向きで元気がなく、意欲も低下している。バケツの水をくみ出されるたびに、人は傷つく。
 人はみな、日々のあらゆる場面で選択を迫られている。自分とかかわる人の心のバケツに水を注ぐのか、それとも水をくみ出すのか。これは重要な選択だ。まわりの人との関係や生産性、健康、そして幸福に大きな影響を与える選択なのだ。

ia: 心のなかの幸福のバケツ

ただの気持ちの問題か。と思いがちですが、「バケツとひしゃくの理論」も使いようによっては人の命さえも奪うことができる理論なのであります。

そもそも著者のドナルド・O・クリフトン氏がこの理論に到達したのは、それまでの心理学が人のネガティブな面の研究ばかりだったという反省に立って、ポジティブな面の研究を始めたからでした。

ネガティブな面の例として、戦争捕虜の収容所で捕虜の心のバケツから水をくみ出す管理が行われたことが上げられています。水をくみ出された結果、捕虜たちは生きる気力をなくし、拷問や食料の不備などがなかったにもかかわらず驚くほどの死亡率になったということでした。

「ポジティブな感情のほうが、ネガティブな感情よりも強い影響力をもちうるのではないか。」

心のなかの幸福のバケツという本には、バケツに水を満たしてポジティブな感情を持つためにはどうすればよいのかが書いてあります。


心のなかの幸福のバケツ

心のなかの幸福のバケツ

バケツとひしゃくの理論はちょっと長いので、要点を要約してみます。
・バケツに水が満たされているときが、心身共に最高の状態。
・人とかかわるときはひしゃくで相手のバケツに水を注ぐか、水をくみ出すかする。
・相手の水をくみ出すと、自分の水も減る。
・相手のバケツに水を注ぐと自分のバケツにも水がたまる。
・自分のバケツに自分で水を注ぐことはできない。
・だから自分のバケツを満たすためには、相手のバケツに水を注ぐしかない。


人は日々、会社や学校などで水をくみ出されています。

ネガティブな言動を1回受けてもポジティブな言動を5回受ければ水の量は回復するという魔法の比率があります。

1対5じゃ、水を注ぐ方が不利だよ

とお思いになりますか?そんなことはありません、
相手のバケツに水を注ぐと、自分のバケツににも水がたまるのですから。

それに、

一人が一日に二人のバケツに水を注ぎ、その二人が別の二人のバケツに水を注ぐとすれば、10日後には1000人以上のバケツに水が注がれることになります。
二人ではなく五人のバケツに水を注いでいけばわずか10日で1900万人のバケツに水が注がれることになるのです。

人のバケツに水を注ぐという行為は連鎖して増殖するのです。


ブログの話に引き寄せて考えてみると・・・

ブログにコメントをもらった人は、そのあまりの嬉しさにほかの人のブログにもコメントをしたくなります。

コメントをもらったほかの人はまたほかの人の・・・

はい、コメントからほかの人のブログと繋がっていきたいつながり隊が行っているのは、まさに人のバケツに水を注ぐ行為なのであります。


ブログでつながり隊のバナー(横長)


その、人のバケツに水を注ぐにも巧拙があります。


相手は何をして欲しいと思っているか?

人のバケツに水を注ぐポイントは、相手がしてもらいたいと思っていることをすることです。

しかも相手がして欲しいと思っている方法で。

たとえば、人前で大々的に誉められるよりもこっそり声をかけてもらったほうがいいと考えている方もいるかもしれません。

ブログではなく会社のたとえですが、そういう人を朝礼で前に呼び出して「彼は昨日こんな功績を上げました。」とみんなの前で誉めるのは逆効果かもしれません。

相手は何をして欲しいと思っているか?
1.どんな呼び方で呼ばれたいだろうか。
2.「いちばん関心をもっているもの」はなんだろうか。人に話したくて、うずうずする興味や趣味は何だろうか。
3.ポジティブな感情を増やすもの、心のバケツをいっぱいにするものは何だろうか。
4.誰から誉められ、、認められたらうれしいだろうか。
5.どんな方法で誉められ、認められたいだろうか。人前がいいのか、それとも非公式がいいか。あるいは、紙に書かれたものの方がいいか、口で伝えられるほうがいいか。
6.どんなかたちで評価されると、やる気が起きるだろうか。ギフト券をもらったときか、コンテストで優勝したときか、あるいは、メモや電子メールをもらったときか。
7.これまででいちばんうれしかったのは、どんな評価だろうか。

via: 心のなかの幸福のバケツ


心のなかのバケツの本には、巻末にこんな水滴の形をした「水滴カード」が5枚綴じ込まれています。

水滴カード

水滴カードは誉めるときに「ありがとう」の気持ちを伝えるためのカードです。

水滴カードにメッセージを書いて、彼の目立つところにそっと置いておくだけのほうがいいこともあるかもしれません。

もちろん、このカードでなくて別なカードや、メールのほうが合っている場合もあるでしょう。


ポジティブになるための5カ条。


ポジティブになるための5カ条。
1.バケツの水をくみだすのをやめる
2.人のよいところに注目する
3.親友をつくる
4.思いがけない贈り物をする
6.相手の身になる

via: 心のなかの幸福のバケツ


まずはバケツの水をくみ出すのをやめることです。

そのためには、誰かと接するときに自分のひと言ひとことが相手のバケツに水を注ぐことになるのか、水をくみ出すことになるのかを自問してから行動を起こすことです。

バケツとひしゃくの理論で考えると、自問するときにとてもわかりやすいですね。


そして、心のなかの幸福のバケツには思いがけない贈り物がついています。

表紙カバーの裏に、著者ドナルド・O・クリフトン氏が開発したストレングス・ファインダーのアクセスID↓がついています。

ストレングス・ファインダーのID

ストレングス・ファインダーは、自分が生まれもった強みを発見することができるネット上のテストです。

ストレングス・ファインダーのサイトにアクセスしてIDを入力してテストを受けると、34に分類された人間の資質のうち、自分が生まれもった強みはどれかを解説つきでベスト5を選び出してくれます。

僕がテストを受けた結果の一部はこんな感じです。

ストレングス・ファインダーの結果

もうしわけありませんが、画像はわざとボカしてあります。

自分の弱点を知って弱点を克服するのではなくて、
「強みを活かし、弱点と折り合いをつける」という
これまたポジティブな考え方ですね。

この本は、34の人間の資質の解説書です。(もちろんIDつき)






関連記事:(同窓で開きます)
研Q127.返報性(へんぽうせい)の原理とは?


 クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
表示 - 継承 2.1

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

ツイッター でも、更新案内を流しています。                          

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
▲ネットビジネス研Q室のトップページに戻る▲  ●ネットビジネス研Q室の記事一覧●
記事末尾200posted by +M Inamura (水村亜里)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

ブログでつながり隊のバナー(横長)

おはようございます☆

水村さん

ふわりまみです。

リッツカールトンのクレドに共通する考え方でもありますね。

自分のしたいことではなく、相手がやってほしいことを考え差し出す☆

う~ん。まだまだだな~と思います。

今日、バケツ意識して過ごします~♪

バケツの見方が変わった、ふわりまみヽ(^。^)ノ

2013-09-13 07:11 | from ふわりまみ☆

>ふわりまみさん

Re:おはようございます☆
ふわりまみさん、こんにちは。 ≪返信from水村

リッツカールトンのクレドですか。
リッツカールトンホテルには、ご縁がないので知りませんでした。

「おもてなし」の精神を表したものだったのですね。

以前、旧館で「100円のコーラを1000円で売る方法」のことを書いたときに
リッツカールトンホテルのことを少しだけ知りました。


「顧客が感じた価値」-「事前期待値」=「顧客満足」で、
お客様が期待しているよりもプラスアルファのサービスをすることで
お客様にご満足いただくという考え方だったと思います。

なるほどね、何をして欲しいかを感じ取ってその上を行くサービスをするんですね。

だから・・・

あ、そうだ。100円のコーラを1000円で売れる場所は、
リッツカールトンホテルのルームサービスだそうです。

2013-09-13 18:47 | from 水村亜里 | Edit

トラックバック

http://aminamura.blog.fc2.com/tb.php/129-44738e3a

QLOOKアクセス解析
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。