研Q72.引用符「“”」で引用部分を区別する方法。 - ネットビジネス研Q室(新館)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

研Q72.引用符「“”」で引用部分を区別する方法。

読者さんにもGoogleにもわかるように引用部分を明確化する。

ダブルクウォートキー
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 © 水村亜里(M Inamura)

ニュースサイトの記事など、他の人の著作物をまるごとブログ記事に書き写すと著作権の侵害であり、「剽窃」として社会的な制裁を受ける可能性があります。

オリジナリティのないコンテンツとしてGoogleからの評価は低いし、ASPや無料ブログからは規約違反としてアカウントを削除される場合もあります。
(特に危険なのは楽天アフィリエイトやアメーバブログなどがあります。)

しかし、引用する正当な目的があり、一定の条件を満たしている引用は著作権法で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできません。

一定の条件としては、HFJのサイトに簡潔にまとめられています。

引用における注意事項

文化庁のページには、以下のように記述されています

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

つまり、上記の(1)~(4)を満たしてる場合に「引用」と認められ、その場合は「著作権者に許諾を得ることなく利用できる」ということです。

via: 著作権「引用」|HFJ


このなかで「引用する必然性」があるかどうかについては微妙な部分があるので、引用者が自分自身で判断する必要があります。

ここでは(3)の「自分の著作物と引用部分とが区別」できる方法と、(4)の出所の明示をする方法として、僕がよくやっている方法をご紹介したいと思います。

つまり上のように引用部分をわかりやすくする方法です。

この方法は<blockquote>タグ(引用タグ)を使っているので、Googleのロボットにもその部分が引用であることが明確に伝わるはずです。


引用部分を引用符「“”」で囲む方法。

引用部分のHTMLタグと装飾に使うCSSはヤガー (yager)さんが書いてくださっています。
第12回:引用(blockquote)をCSSと画像でそれらしく見せる方法 [C!]

僕はこの記事の中の
5)左上に「“」、右下に「”」を表示させる(citeタグも絡めたHTML)
を参考にさせていただいています。

<blockquote>内の背景色を僕は薄い黒にしているので、
引用符は背景を透明にした物を自分で作って使っています。

 と 

この画像でよろしければ、ご自由にダウンロードして使っていただいてけっこうです。

CSSの方は当ブログに合わせて次のようにしました。

/*引用の装飾*/
blockquote {
width: 650px;
background: #f0f0f0;
border: #cccccc 1px solid;
border-left: #cccccc 5px solid;
padding: 0px;
margin-top: 10px;
margin-right: 0px;
margin-bottom: 10px;
margin-left: 10px;
}
blockquote p {
display: block;
background: url(左上クォーテーション画像のURL) no-repeat scroll top left;
margin: 0px;
padding-top: 10px;
padding-right: 10px;
padding-bottom: 10px;
padding-left: 30px;
}
blockquote cite {
display: block;
background: url(右下クォーテーション画像のURL) no-repeat scroll bottom right
; padding-top: 0px;
padding-right: 30px;
padding-bottom: 10px;
padding-left: 10px;
margin: 0px;
}
/*引用の装飾(ここまで)*/


簡単に引用タグを作れるブックマークレット。

ヤガーさんがさらにブックマークレットを公開してくださっています。
第11回:引用(blockquote)を簡単にするブックマークレット [C!]

この記事の
2)「引用マークアップを生成 - 徒書」を自分流にアレンジ
の最後ところに書いてある
引用マークアップを生成(改
をブックマークに登録して便利に使っています。

ヤガーさんのブックマークレットは、引用したい部分の文字を選択してからクリックすると、引用のHTMLタグを作ってくれます。

2)「引用マークアップを生成 - 徒書」を自分流にアレンジ

1)の引用マークアップを生成とはcite属性の前後の差はあれど、ほとんど一緒ですね。
しかーし!オレの場合スタイルとの兼ね合いもあり、下記のような形式にしたいのです。
《中略》
以下のリンクをブックマークしてください。
引用マークアップを生成(改

via: 第11回:引用(blockquote)を簡単にするブックマークレット [C!]


フォントサイズは <font size="2"> で、自分で指定しています。

<P>~</P>内と「via:」以降はそれぞれ別々にフォントサイズを指定する必要があるようです。





 クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
表示 - 継承 2.1

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

ツイッター でも、更新案内を流しています。                          

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
▲ネットビジネス研Q室のトップページに戻る▲  ●ネットビジネス研Q室の記事一覧●
記事末尾200posted by +M Inamura (水村亜里)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

ブログでつながり隊のバナー(横長)

トラックバック

http://aminamura.blog.fc2.com/tb.php/72-0a93a59e

QLOOKアクセス解析
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。